君に恋をするなんて、ありえないはずだった