SEのひとりごと こっそり公開

SEの私がQiitaに技術記事をアウトプットするのをやめた理由

これまで私はSEとして勉強したこと、メモとして残しておきたい内容はQiitaに投稿していました。

けれども、思うところあってこれからはQiitaではなく、当ブログの中で技術系の記事も投稿していくことにします。

過去のQiitaの記事は、Qiitaに残したままにしておくので、こちらのリンクからご参照ください。

理由

大きく分けて3つです。

  • 発信媒体を複数持ちたくない
  • 自己表現のため
  • アクセスを一つの媒体に集中させて、収益につなげるため

発信媒体を複数持ちたくない

Qiitaからこのブログに投稿媒体を変えようと思った一番大きな理由は、発信媒体を複数持ちたくなかったからです。

ライトノベルの記事を書くのはこのブログ。

でも技術の記事を書くのはQiita。

雑記を書くのはnote。

という風に前はすみ分けていたのですが、結局発信する情報に変わりはないのに、わざわざ媒体を分けて、アカウントを複数持ったり、DMを受け取る必要はないと思ったからです。

そのほかの理由については以下の感じです。

自己表現のため

このブログの主な内容は、ライトノベルの魅力を一人でも多くの人に伝えてよりライトノベルという業界、ひいてはオタク界隈を盛り上げたいという思いがあるからです。

それは今も変わっていません。

しかし情報を発信する以上、「発信者がどんな人間なのか?」ということはとても重要だと考えています。

単に「ラノベをよく読む」「オタク」ということだけではなく、少しでも多く「Kanon」という人間がどんなやつなのかを知ってもらうために、そして逆に「私はこんな人間です!」ということを表現する場としてもこのブログを活用したいと思いました。

であれば、いろんなところに分けて自分を発信するよりは、ひとつに媒体から発信するほうがいいだろうという結論に至ったわけです。

このブログを見てもらえれば、「Kanon」はこういう人間なんだと知ってもらうための名刺代わりにしたいという思いもあります。

アクセスを集中させるため

次は現実的な話。

日本人はこの手の話題に嫌悪感を示す人が多いのであまり大きな声では言えないですが…

いやらしい話、このブログで記事を書けば、Google Adsenseやもしもアフィリエイトで収益化できる見込みが高いからです。

Qiitaではどれだけ記事を書いたところで、Qiita界隈で有名にならない限り、その記事は埋もれ、収益も生まないただの記事になります。

「企業担当者の目に留まりやすい場所で、アウトプットしていることをアピールできる」と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、それはどこの媒体に書いていても同じだとは思います。

「企業担当者の目に留まりやすさ」という意味では、個人のブログでではなくQiitaで書くほうが有益だとは思います。

しかし、現状では転職するつもりもないし、なにより企業担当者の目に留まる人なんてごく一部でしょう。

そんな状況でQiitaに記事を書いても、Qiitaが持っているGoogle Adsenseや広告へ、自分の時間と知識を使って絞り出したコンテンツを使って誘導されているだけだと思ってしまいました。

一方で、このブログで記事を書いておけば、少なくともその記事を経由して自分の契約しているGoogle Adesnseやアフィリエイトへ流入してくれる可能性があります。

やはり自分の時間と知識、言い換えると自己資産で生み出したコンテンツは、自分に実りをもたらしてもらわないと意味がないよね、という結論に至りました。

まとめ

そんなわけで、いよいよライトノベルやFIRE、オタ活のみならずプログラミングとかのSEらしい技術記事まで扱うようになってきて、ブログのタイトルらしく「無題のレポート」にふさわしいコンテンツになりはじめましたね…

ただあくまでもこのブログは「ライトノベル」に関する記事がメインテーマです!

それこそがKanonのライフワークなので…

そこだけはブレずに頑張っていきますので、読者の皆様におかれましても応援よろしくお願いいたします!

直近の推し5選!

1

みなさんこんばんは。 こんにちは、Kanon です。今回は… しめさば先生の『君は僕の後悔』の感想記事です。 しめさば先生はこれまでにも『ひげを剃る。そして女子高生を拾う』や『きみは本当に僕の天使なの ...

2

リンク あらすじ 人生オール80点。 そんな俺が託されたのは、元トップアイドル・香澄ミルの世話だった。 ファン対応がしみつきなかなかクラスに馴染めないミル。 そんな彼女に頼られるうち、俺たちは図らずも ...

3

リンク 二丸先生の他の作品はこちら あらすじ 記憶喪失の湖西廻の前に現れたのは、清純で素朴な美少女、丹沢白雪。 「──私、廻くんと恋人だったの」  白雪はそう言って顔を赤らめ、廻の頬にキスをする。   ...

4

リンク あらすじ その夜、僕の青春は〈炎〉とともに産声をあげた――  スマホを忘れて夜の学校に忍び込んだ在原有葉(ありはらあるは)は、屋上を照らす奇妙な光に気づく。そこで出会ったのは、闇夜の中で燃え上 ...

5

こんにちは、Kanon です。今回は… しめさば先生の『きみは本当に僕の天使なのか』の感想記事です。 表紙とタイトルを見るに幻想的な恋の話のように思えるのですが、実はタイトルはそんな幻のようなものでは ...

-SEのひとりごと, こっそり公開