ライトノベル レーベル別 角川スニーカー文庫

"衝撃の幕引き…" 『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん 4』 感想 レビュー ネタバレ

Kanon

こんにちは、Kanon です!今回は…


Kanon

ロシデレ4巻の感想記事です!

あらすじ

終業式の後、晴れて名前で呼び合う間柄となった政近とアーリャさん。

気恥ずかしさから互いに煮え切らない態度で悶々とした時間を過ごす中、遂に待ちに待った統也主催による生徒会合宿がはじまった! 

豪華絢爛な別荘宅とプライベートビーチ、夏祭りに花火と輝ける青春を謳歌する生徒会メンバー達。

 リゾート地でのロマンチックなシチュエーションと非日常感に高揚したアーリャさんは挑発的な笑みを浮かべていて――。

「それで? 政近君は、どこにキスしてくれるのかしら?」

 悶絶しそうになるほど刺激的な駆け引きを仕掛けてきて!?

『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん4』 燦々SUN 角川スニーカー文庫 2022年4月1日 発行 より引用

前巻のおさらい

ネタバレなし感想

Kanon

twitterに投稿していたネタバレなし感想はこんな感じでした。

以降はネタバレを含む感想になるので、嫌な方はブラウザバックをお願いいたします。

ネタバレあり感想

この巻のメインテーマは政近の過去について

物語の始まりは、"久世"政近ではなく"周防"政近だった頃の話から始まります。

政近の中では、母親のために過去に努力を積み重ねたものの、結局母親は自分たちを拒絶してしまったようです。

それは政近だけではなく、母親と結婚するために警察官という夢をあきらめて外交官になった政近の父親に対してもそうでした。

そんな経緯から、政近は恋愛というものに対して、「一度気持ちが冷めてしまえば、二度と元の関係には戻らないもの」という見解を持っているため、誰かを愛するということにとても臆病になってしまっています。

この政近の心理状態が、今後の展開にも大きくかかわることでしょう。

ついに…アーリャさんの恋心に政近が気づく

急展開…

恋心に気づくのはもっと先の展開だと思っていたので、驚きを禁じえませんでした。

せめて生徒会選挙が終わる直前だと思っていたので、この時点での気づきが今後の展開にどう影響してくるのかが気になるところです。

Kanon

ラノベのお約束「花火あたりでくっつくのに」のフラグはうまく回収されましたが(笑)

そして政近が幼いころに出会った"あの子"もついに登場!

この巻のラストにイラストだけで登場しているのですが…

"あの子"とはマーシャさんでした。

Kanon

まさかのロシアン美人姉妹と三角関係!?

という、作品の展開に関係する要素が増えてきて、若干混沌としてきましたね。

作品展開の要素

  • ロシア語で時々ボソッとデレる
  • 生徒会選挙でアーリャとともに闘う
  • new!! → 幼馴染のロシアン美女が再会したら癒し系お姉さんになっていた件
Kanon

いやいやこれなんてラノベだよ…(ロシデレです)

ただそうなってくるとマーシャさんは幼馴染属性か…そうか…負けヒロイン属性…(うっ、頭が)

総評

今巻ではこれまで伏線としてきたものが一気に回収されてきたおかげで、急激に物語が加速し始めた印象です。

伏線は回収したものの、今後の展望については全く見えていない状況なので、続きを待つしかないのかなぁというところですね。

個人的には、「ここでほとんどの伏線を拾ってしまったせいであと2,3巻で完結してしまうのか!?」とか「方針に迷った結果のテコ入れなのか…?」と勘ぐってしまいますが、現時点ではどれも違う気がしてなりません。

早く5巻が出てほしい!

きっと4巻を読んだ人はみんなそう思っていることでしょう・

続きが楽しみです!

以上、『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん 4』 感想 レビュー ネタバレでした。


直近の推し5選!

1

みなさんこんばんは。 こんにちは、Kanon です。今回は… しめさば先生の『君は僕の後悔』の感想記事です。 しめさば先生はこれまでにも『ひげを剃る。そして女子高生を拾う』や『きみは本当に僕の天使なの ...

2

リンク あらすじ 人生オール80点。 そんな俺が託されたのは、元トップアイドル・香澄ミルの世話だった。 ファン対応がしみつきなかなかクラスに馴染めないミル。 そんな彼女に頼られるうち、俺たちは図らずも ...

3

リンク 二丸先生の他の作品はこちら あらすじ 記憶喪失の湖西廻の前に現れたのは、清純で素朴な美少女、丹沢白雪。 「──私、廻くんと恋人だったの」  白雪はそう言って顔を赤らめ、廻の頬にキスをする。   ...

4

リンク あらすじ その夜、僕の青春は〈炎〉とともに産声をあげた――  スマホを忘れて夜の学校に忍び込んだ在原有葉(ありはらあるは)は、屋上を照らす奇妙な光に気づく。そこで出会ったのは、闇夜の中で燃え上 ...

5

こんにちは、Kanon です。今回は… しめさば先生の『きみは本当に僕の天使なのか』の感想記事です。 表紙とタイトルを見るに幻想的な恋の話のように思えるのですが、実はタイトルはそんな幻のようなものでは ...

-ライトノベル, レーベル別, 角川スニーカー文庫
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,