ガガガ文庫 レビュー

"最終章、前編!" 『妹さえいればいい 13』 感想 レビュー ネタバレ

食太郎

どうも、ラーメン食太郎です。今回は…


食太郎

平坂読先生の『妹さえいればいい 13』の感想記事です。

あらすじ

そして、新しい日常が始まる。

冬が終わり、季節は春。

主人公達はそれぞれ、新しい一歩を踏み出していた。

新シリーズを発表した不破春斗。

出版社ブランチヒルに入社し、ついにプロの編集者となった白川京。

大学のTRPGサークルでオタサーの姫と化した羽島千尋。

そして10万文字のラブレターによって何かを掴んだ伊月は、今度こそ本物の主人公になるべく精力的に小説を書き続けていた。

ゲームして旅行して酒を飲み、仕事して、恋をする。

同じようで変わりゆく、新しい日常が幕を開けた。

大人気青春ラブコメ群像劇、いよいよ最終章――前編!!

『妹さえいればいい 13』平坂読 ガガガ文庫 2019年9月23日 発行 より引用

ネタバレあり感想

最終章、前編ということで…

登場人物たちの関係がまとまっていき、フィナーレへの準備が始まったというところでしょうか。

アシュリーと海津の結婚式も描かれ、伊月も那由多へプロポーズ。

残る大きな問題と言えば…

伊月が主人公になる瞬間。京の物語。そして春斗との関係ですね。

伊月の物語に関しては、ぷりけつとの再タッグという伏線も残っているので、おそらくこれがフィナーレで回収される伏線なのでしょう。

14巻で完結することが明言されているので、次の巻で描かれるのはほぼ確定。

というわけで今巻のメインは京でしたね。

編集者としての人生を歩き始めたものの、上手くいかないことばかり…

そんななかで春斗に告白されます。

自分に自信が持てない京は、「一人前の編集者になれたら付き合いましょう」という約束を春斗と交わします。

これで京と春斗の物語も少しは前進。最終的な結末は最終巻で描かれるのでしょう。

総評

いよいよシリーズも完結ですね…

少し…いやかなり寂しいですが、どんな終わり方を迎えるのか期待!

以上、『妹さえいればいい 13』 感想 レビュー ネタバレでした!


おすすめ記事

1

こんばんは、ラーメン食太郎です。今回はいつもの記事と趣向が違います。今回は… 今更ながら『このラノ!』を読みました。 リンク そして、『このラノ!』にランクインした作品の中で、自分がまだ未読…かつ面白 ...

2

題して、【おすすめのkindle Unlimited対象ラノベ】 私はkindle Unlimitedに契約しているのですが、皆さん、kindle Unlimitedの元を取ることを意識していたりしま ...

3

みなさんこんにちは。ラーメン食太郎です。今回は… Audibleという朗読を聞くサービスについてトライヤル体験してみたので、使い心地をご紹介したいと思います! Audibleとは? 概要はこんな感じで ...

4

みなさんこんにちは。ラーメン食太郎です。今回は… 20周年記念 鋼の錬金術師展 RETURNS 大阪の初日に参加してきました! なので、展示の内容や会場の雰囲気について語れる部分について語っていきたい ...

5

みなさんこんばんは。ラーメン食太郎です。 1年早いもので、すでに1/4が終了しました。正月休みが昨日のような感覚なのにね… 当ブログも開設して早3か月が経過しようとしています。 ところで、1/4が終わ ...

-ガガガ文庫, レビュー
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,