ガガガ文庫 レビュー

"最終章、前編!" 『妹さえいればいい 13』 感想 レビュー ネタバレ

Kanon

こんにちは、Kanonです。今回は…


Kanon

平坂読先生の『妹さえいればいい 13』の感想記事です。

あらすじ

そして、新しい日常が始まる。

冬が終わり、季節は春。

主人公達はそれぞれ、新しい一歩を踏み出していた。

新シリーズを発表した不破春斗。

出版社ブランチヒルに入社し、ついにプロの編集者となった白川京。

大学のTRPGサークルでオタサーの姫と化した羽島千尋。

そして10万文字のラブレターによって何かを掴んだ伊月は、今度こそ本物の主人公になるべく精力的に小説を書き続けていた。

ゲームして旅行して酒を飲み、仕事して、恋をする。

同じようで変わりゆく、新しい日常が幕を開けた。

大人気青春ラブコメ群像劇、いよいよ最終章――前編!!

『妹さえいればいい 13』平坂読 ガガガ文庫 2019年9月23日 発行 より引用

ネタバレあり感想

最終章、前編ということで…

登場人物たちの関係がまとまっていき、フィナーレへの準備が始まったというところでしょうか。

アシュリーと海津の結婚式も描かれ、伊月も那由多へプロポーズ。

残る大きな問題と言えば…

伊月が主人公になる瞬間。京の物語。そして春斗との関係ですね。

伊月の物語に関しては、ぷりけつとの再タッグという伏線も残っているので、おそらくこれがフィナーレで回収される伏線なのでしょう。

14巻で完結することが明言されているので、次の巻で描かれるのはほぼ確定。

というわけで今巻のメインは京でしたね。

編集者としての人生を歩き始めたものの、上手くいかないことばかり…

そんななかで春斗に告白されます。

自分に自信が持てない京は、「一人前の編集者になれたら付き合いましょう」という約束を春斗と交わします。

これで京と春斗の物語も少しは前進。最終的な結末は最終巻で描かれるのでしょう。

総評

いよいよシリーズも完結ですね…

少し…いやかなり寂しいですが、どんな終わり方を迎えるのか期待!

以上、『妹さえいればいい 13』 感想 レビュー ネタバレでした!


直近の推し5選!

1

みなさんこんばんは。 こんにちは、Kanon です。今回は… しめさば先生の『君は僕の後悔』の感想記事です。 しめさば先生はこれまでにも『ひげを剃る。そして女子高生を拾う』や『きみは本当に僕の天使なの ...

2

リンク あらすじ 人生オール80点。 そんな俺が託されたのは、元トップアイドル・香澄ミルの世話だった。 ファン対応がしみつきなかなかクラスに馴染めないミル。 そんな彼女に頼られるうち、俺たちは図らずも ...

3

リンク 二丸先生の他の作品はこちら あらすじ 記憶喪失の湖西廻の前に現れたのは、清純で素朴な美少女、丹沢白雪。 「──私、廻くんと恋人だったの」  白雪はそう言って顔を赤らめ、廻の頬にキスをする。   ...

4

リンク あらすじ その夜、僕の青春は〈炎〉とともに産声をあげた――  スマホを忘れて夜の学校に忍び込んだ在原有葉(ありはらあるは)は、屋上を照らす奇妙な光に気づく。そこで出会ったのは、闇夜の中で燃え上 ...

5

こんにちは、Kanon です。今回は… しめさば先生の『きみは本当に僕の天使なのか』の感想記事です。 表紙とタイトルを見るに幻想的な恋の話のように思えるのですが、実はタイトルはそんな幻のようなものでは ...

-ガガガ文庫, レビュー
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,