ガガガ文庫 レビュー

"小説を、書け" 『妹さえいればいい 12』 感想 レビュー ネタバレ

食太郎

どうも、ラーメン食太郎です。今回は…


食太郎

平坂読先生の『妹さえいればいい 12』の感想記事です。

食太郎

詳しく見ていきましょう!

あらすじ

小説を、書け。

主人公になることを諦め、淡々と機械のように小説を書き続ける羽島伊月。

一方、可児那由多は小説を書くことをやめ、部屋に引きこもってひたすらゲームに没頭するようになってしまう。

そんな二人を、不破春斗や白川京はどうにか立ち直らせようとするのだが……。

主人公達が立ち止まっている間にも、時間は容赦なく流れ、世界は絶えず動き続ける。

大野アシュリーや木曽撫子、羽島家にも大きな出来事が訪れて――。

大人気青春ラブコメ群像劇、待望の第12弾!!

交錯する人間模様の行く先を、刮目して見届けよ!!

『妹さえいればいい 12』平坂読 ガガガ文庫 2019年4月23日 発行 より引用

ネタバレあり感想

アシュリーと海津

今巻で2番目に感動したのが、アシュリーと海津のお話でした。

「……アナタのことなんて全然好きではないけれど。一緒に地獄まで付き合ってあげてもいいと思えるのは、アナタだけよ」

というアシュリーの告白がすごく素敵でした。

関ケ原幽によって引き寄せられたふたりがくっつくというのはある程度予想していたものの、感慨深いものがありました。

伊月と那由多

前巻で破局してしまったふたり。

本当はまだお互いのことを思い合いながらも、どちらからともやり直そうとは頑なに言わないあたり、伊月と那由多らしいかったですね。

そしてこのふたりが復縁するきっかけになったのは、やはり最初にふたりを結び付けたもの。

そう、小説でした。

那由多に思いを伝える手段として小説を書くことを選ぶ展開は激アツでしたね…

「もう一度、俺のメインヒロインになってくれ」

というセリフは現実で言うには少々恥ずかしいセリフですが、主人公を目指す伊月とそれを知っている那由多にとっては「これしかない」という言葉ですよね。

総評

オビのフレーズ、「小説を、書け」はこの巻にぴったりで読後にこのフレーズを見るとものすごくしっくりきました。

それぞれの青春群像劇もついに丸く収まり始めた感があります。

…そう、京と春斗を除いて!

次巻はたぶん、京が主役だと予想。楽しみです…

以上、『妹さえいればいい 12』感想 レビュー ネタバレでした!

おすすめ記事

1

こんばんは、ラーメン食太郎です。今回はいつもの記事と趣向が違います。今回は… 今更ながら『このラノ!』を読みました。 リンク そして、『このラノ!』にランクインした作品の中で、自分がまだ未読…かつ面白 ...

2

題して、【おすすめのkindle Unlimited対象ラノベ】 私はkindle Unlimitedに契約しているのですが、皆さん、kindle Unlimitedの元を取ることを意識していたりしま ...

3

みなさんこんにちは。ラーメン食太郎です。今回は… Audibleという朗読を聞くサービスについてトライヤル体験してみたので、使い心地をご紹介したいと思います! Audibleとは? 概要はこんな感じで ...

4

みなさんこんにちは。ラーメン食太郎です。今回は… 20周年記念 鋼の錬金術師展 RETURNS 大阪の初日に参加してきました! なので、展示の内容や会場の雰囲気について語れる部分について語っていきたい ...

5

みなさんこんばんは。ラーメン食太郎です。 1年早いもので、すでに1/4が終了しました。正月休みが昨日のような感覚なのにね… 当ブログも開設して早3か月が経過しようとしています。 ところで、1/4が終わ ...

-ガガガ文庫, レビュー
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,